仮想通貨たられば|【2017年11月度_TOP10】時価総額ランキング/円

Pocket

2017年11月15日時点での仮想通貨時価総額ランキングです。10月はビットコインが非常に強い相場を見せつつも11月初旬には高値更新に続けて大きな下落を見せ、アルトコインも一部大きな値動きが見られましたが、時価総額はどのように変化したのかを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

1. 2017年11月度_仮想通貨時価総額ランキングTOP10

2017年10月と比較し、順位を維持している仮想通貨もあれば下がっている仮想通貨もあるようです。

引用:CryptoCurrency Market Capitalizations

見方ですが、上記”Merket Cap”が「時価総額」の部分です。

上記ランキングは「CryptoCurrency Market Capitalizations」でいつも確認できます。

仮想通貨の時価総額を知りたい方は、ぜひブックマークしましょう。

 

2017年10月17日時点での仮想通貨時価総額ランキングは以下をご覧ください。

仮想通貨たられば|【2017年10月度_TOP10】時価総額ランキング/円

 

2. 時価総額ランキングたられば解説

TOP2のビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)は順位を変動せず、第3位がリップル(XRP)からビットコインキャッシュ(BCH)に変わっています。

また、ビットコイン(BTC)の時価総額は10月と比べると約3兆円ほど上がっていますが、第2位のイーサリアム(ETH)はほぼ横ばい、ビットコインキャッシュ(BCH)は1兆8千億円ほど時価総額を増やし、時価総額が約4倍ほどに増えています。

チャートでも急激に高値(約30万円/BCH)を更新し、すぐに15万円/BCHほど下落するという動きが見られ話題になっていましたね。

 

TOP10内下位での時価総額ランキングは、ネム(ZEM)が中国版イーサリアムと言われているネオ(NEO)と入れ替わる形で第7位から第10位へ転落、BitConnect(BCC)が第21位まで大幅に順位を落とした変わりに、IoTに最適化された決済プロトコルで注目を集めているアイオータ(IOTA)がTOP10入りを果たしています。

 

ビットコイン(BTC)の大きな下落が一時話題となり、同時期にビットコインキャッシュ(BCH)が上述の通りに高値を更新したため、ビットコイン(BTC)に不安を覚えた方も多いと思いますが、時価総額から読み解くとまだまだ圧倒的にビットコイン(BTC)が仮想通貨の主役であることに間違いはなさそうです。

 

仮想通貨種類の総数や仮想通貨全体の時価総額の合計に目を向けて見ます。

11月15日時点で仮想通貨種類の総数は1,254種類で、時価総額の合計は約24.6兆円

10月17日の仮想通貨種類の総数1,175種類、時価総額の合計約17兆4千億円と比べると、

  • 仮想通貨種類の総数   約106%UP
  • 仮想通貨時価総額の合計 約141%UP   

となり、市場が順調に拡大していることがわかります。

 

仮想通貨元年と呼ばれている今年も年末に差し掛かっていますが、年内にどこまで市場が拡大して来年を迎えるのか、注目をしていきたいと思います。

 

3. まとめ

2017年11月の仮想通貨時価総額ランキングはいかがでしたでしょうか。

個人的には注目をしているリスク(LISK)が高値を更新しましたが、まだまだ年内イベントが控えており、時価総額をどこまで上げて来るのか期待したいと思っています。

リスク(LISK)は技術力の高さとベンチャーらしい誠実な活動実態、そして代表者の若さと志の高さに惹かれ、またサイドチェーンを用いたスマートコントラクトの有用性にも当然期待し、注目をしています。

時価総額が上がれば自ずと注目を浴び、さらに高値を更新することに繋がるため、皆さんもご自身で気に入った仮想通貨の時価総額をたまにはチェックしてみることをオススメします。

 

 

この情報が少しでもお役に立てたなら嬉しい限りです。
 
See you next time! By You-Channel.

 

 

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYou-Channelをフォローしよう!

Pocket