仮想通貨たられば|ストレスを減らせ!仮想通貨取引所は複数の取引所に登録すべし!

Pocket

仮想通貨取引所への新規登録数が2017年11月頃から「かなりの新規ユーザー」が増えています。取引所によっては「登録の申請をしたのに承認が遅い!」「お金を振り込んだのに反映が遅い!」など、利用ユーザ増加に伴って「不満や不安な声」も増えてきています。これらは「複数の仮想通貨取引所に登録する」ことにより、リスクの自己軽減を図ることが可能です。

 

1. なぜ仮想通貨取引所は処理が遅い場合があるのか?

解決方法を知る前に、現在の仮想通貨取引所を取り巻く状況・環境を把握しておきましょう。

仮想通貨は昨年末から急速に市場が拡大しています。

時価総額で説明をすると、

  • 2017年11月15日時点での仮想通貨全体の時価総額は約24.6兆円
  • 2018年  1月  7日時点での仮想通貨全体の時価総額は約92.1兆円

約2ヶ月で市場規模がなんと約3.7倍ほどに拡大しています。

仮想通貨たられば|【2018年1月度】時価総額ランキングTOP10

当然、この倍率以上に新規の申込数があるということになります。

具体的に新規申し込み数が何件増えたのかはオフィシャル情報として存在しないため、SNS等による各取引所の見解などからのおおよその推測になりますが、2017年の夏頃に比べ、1日あたりおおよそ20倍・30倍は少なくとも増えている模様です。

それに加えて仮想通貨は「新しい市場」です。

 

人材不足・スキル不足に加えての、急激な市場拡大。

 

オペレーションリソースが追いつかない状況なのは明白です。

 

更に、資産を預かる某国内/国外含めた仮想通貨取引所で、API不正により仮想通貨が盗まれる問題などが発覚したりなど、セキュリティの対応にも追われますので取引所の現場は、正直「てんやわんや」が実情でしょう。

 

だからと言って、「取引所は悪くない」とは思いません。

顧客から利益を受け取る以上は、取引所はできる限り早く環境を整備し、ユーザビリティの向上を図るべきです。

 

とはいえ、物理的に困難なことに対して不安や不満を感じていても「余計なストレス」を溜め込むだけ。

また、入出金の遅さや登録処理の遅さは、セキュリティに不安材料がある間は「あえて遅くしている」かもしれません。

 

どちらにせよ、リスクの自己軽減を図った方が余計なストレスを感じないで済みますし、機会損失もできる限り減らすことができます。

現在の仮想通貨取引所の状況・環境を把握することで、「リスクは自己軽減を図った方が建設的かも。」と納得もできると思いますので、ぜひ現状の理解をすることをおすすめします。

 

2. リスクを自己軽減する方法は?

では具体的なリスクの自己軽減方法はどのような方法があるのでしょうか。

それは、冒頭でもお伝えしている通り、

複数の仮想通貨取引所に登録する

ことです。

複数の取引所に登録をしておくことで、以下のケースへの対応が可能です。

 

2-1. 「入出の反映が遅い」リスクを自己軽減

入金の反映が遅いケースが取引所によっては見受けます。

「今、買いたい!」「早く買いたい!」「お金がなくなったらどうしよう・・・。」など、入金の反映が遅い場合に心配や不満に思うことはたくさんあると思います。

大事な資産ですし、当然ですよね・・・。

 

でもそんな時、複数の仮想通貨取引所に登録をしておくと以下のような対応が可能です。

  1. 入金の早い取引所で入金して、目当ての銘柄を買う
  2. 入金の早い取引所で入金して、目当ての銘柄と交換可能な仮想通貨(BTCやETHなど)を買い、目当ての銘柄を販売している取引所に送金し、目当ての銘柄を買う
  3. 保有中の銘柄の中に、目当ての銘柄と交換可能な銘柄(BTCやETHなど)があれば、目当ての銘柄を販売している取引所に送金し、目当ての銘柄を買う

 

(3)は少し特殊ですが、「ICO参加」や「今すぐどうしても欲しい」など、目当ての銘柄と交換可能な銘柄(BTCやETHなど)の変動リスクや手数料リスクを差し置いても良いと判断できる場合に有効です。

送金した分は、入金できた後に同じ枚数を買い直せば良いだけです。

 

2-2. 「登録の承認が遅い」リスクを自己軽減

直接の解決にはなりませんが、複数の仮想通貨取引所に登録をすることで「機会損失を最小限に抑える」ことや「別の機会に目を向ける」ことができます。

1つの取引所だけの登録だと、どうしてもその取引所の処理が非常に遅い場合、処理が終わるまで取引が何もできませんから、別の機会に目を向けることができません。

また、同時に複数の取引所への登録処理を行えば、早く処理が終わったところから取引を始めることが可能です。

直接的な解決はやはり取引所の運営改善を待つしかありませんが、それでもできる限りのことをすることで余計なストレスを抱える必要がなくなると思います。

 

2-3. 「手数料が高い!」リスクを自己軽減

1つの仮想通貨取引所の登録だけですと、その取引所の手数料に依存することになります。

しかし、複数の取引所に登録をしておけば、買いたい銘柄を扱っている場合において、安い手数料の取引所の方で買うことが可能です。

 

また、仮想通貨は取引所毎による相対取引ですので、取引所毎に売買価格が異なることを覚えておきましょう。

手数料が安く、銘柄の価格も安いに越したことはありませんので、複数の取引所への登録をして、できる限り安く買うようにしましょう。

 

2-4. 「買いたい銘柄を取り扱ってないから買えない!」リスクを自己解決

仮想通貨取引所によって、取り扱っている銘柄に違いがあります。

そのため、1つの取引所の登録だけですと、どうしてもその取引所が取り扱っている銘柄しか買えないのです。

複数の取引所に登録をしておけば選択できる銘柄が増えますし、せっかく魅力を感じる通貨を知ることができても登録していなければ、まずは登録に時間がかかってしまうリスクを抱えることになります。

買いたいと思ったタイミングですぐに買えるようにしておくためにも、複数の取引所に登録をしておきましょう。

 

2-5. 「サーバーが遅い!インターフェースが使い難い!」リスクを自己軽減

これは仮想通貨FX取引をされる場合に特に当てはまることですが、各社によりサーバー構築やシステムは異なります。

そのため、手数料もそうですが、使いやすさやサーバーの安定性も取引所毎に異なります

複数の取引所に登録をしておけば、ご自身が取引しやすく安心できると思えるトレード環境を選択することが可能です。

 

仮想通貨のFX取引はボラリティが高く、非常に短い時間で大きな値動きをすることが結構な割合で起こります。

そんな時にサーバーが急に安定しなくなり、そんな状況でポジション(売買)を保有している時は相当なリスクを抱えることにもなりますので、できる限り、ご自身が安定していてユーザビリティの良いと思える取引所でトレードするようにしましょう。

本題と趣旨が違うためここでは詳細を控えますが、取引所により使えるトレード機能や倍率も異なりますので、複数の取引所を登録し、実際に使ってみることをおすすめします。

 

3. 複数の仮想通貨取引所に登録した場合の注意点

複数の取引所に登録した方が良いことはご理解いただけたと思いますが、逆に複数の取引所に登録した場合に注意しなければならないことがあります。

最大限注意しなければならないこと。

それは、「情報(ID/パスワード・秘密キーなど)の管理」。

 

仮想通貨取引所は大事な資産を預かる都合上、セキュリティが高く設計されています。

そのため、ID・PWのみならず、2段階認証が設定できるようになっていたり、ご自身が保有する仮想通貨には秘密キーやアドレスがあったりなど、とにかく管理しなければならない情報が多くなります。

また、万が一忘れたりしてしまった場合でも取引所のサポートに問い合わせすれば対応してもらえるはずですが、資産を預かっている取引所は慎重を期すため、本人確認などで時間がかかってしまうケースを多く見受けます。

 

情報の管理方法や仮想通貨の管理方法は多くの方法があるため、こちらでは省かせていただきますが、情報(ID/パスワード・秘密キーなど)管理だけはしっかりと自己管理しましょう。

 

4. おすすめの仮想通貨取引所は?

仮想通貨取引所へは複数登録していただいた方が良いことは理解いただけたと思います。

そこで、国内の取引所でおすすめの仮想通貨取引所をご紹介しておきます。

 

4-1. おすすめ仮想通貨取引所:ビットフライヤー(bitflyer)

CMでもおなじみのビットフライヤー。

取引銘柄は今現在そこまで多くないですが、主要銘柄であるビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)をはじめ、最低限の銘柄はしっかりと抑えており、国内最大手という「大切な資産を預ける上での資本金の多さに対する安心感」があります。

また、ビットコインFX取引も最大15倍まで選択でき、高機能取引ツールを有しています。

登録はこちらから可能です↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

4-2. おすすめ仮想通貨取引所:コインチェック(Coincheck)

今年に入り、出川さん出演のCM露出も増えてきたコインチェック。

コインチェックの最大の特徴は「国内取引所で一番の銘柄の多さ」でしょう。

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)はもちろん、主要アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)と呼ばれる仮想通貨を10種類以上、揃えています。

また、ビットコインFX取引は最大5倍まで選択できます。

登録はこちらから可能です↓

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

4-3. おすすめ仮想通貨取引所:ザイフ(Zaif)

他の取引所とは少し違う「独自の銘柄を多数揃えている」ことや「積立サービス」などが特徴のザイフ。

秋葉原系仮想通貨といわれているモナコイン(MONA)や、ぺぺキャッシュ、日本初のICOであるCOMSAのCMSトークンなどを取り扱っています。

また、ビットコインFX取引は最大25倍まで選択できます。

登録はこちらから可能です↓

 

4-4. おすすめ仮想通貨取引所:その他

その他にも、日本で一番早く金融庁への登録を果たした独自トークンのキャッシュ(QASH)を取り扱っているコインエクスチェンジ(QUOINEX)や、昨年取引所を開設したGMOコインなどがありますので、ぜひ登録だけでもしておきましょう。

特にコインエクスチェンジ(QUOINEX)のみで購入可能な仮想通貨キャッシュ(QASH)は、今後大きな注目を浴びていくと個人的に考えていますので、登録することをおすすめします。

 

5. まとめ

仮想通貨取引所は複数の取引所に登録することをおすすめするための記事をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

仮想通貨市場は本当にこれからの市場であり、今後の更なる市場拡大はまだまだ期待ができますが、だからこそ、急速に市場が拡大することによるインフラが整っていないために起きる不安や心配などのリスクも多く存在しています。

そのため、大切な資産を預け取引を行う仮想通貨取引所は複数登録し、できる限りのリスクの自己軽減を図り、余計なストレスを抱えることなく、仮想通貨市場のもたらす未来へ共にワクワクしながら、仮想通貨取引をするようにしましょう。

 

この情報が少しでもお役に立てたなら嬉しい限りです。
 
See you next time! By You-Channel.

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYou-Channelをフォローしよう!

Pocket