仮想通貨たられば|コインエクスチェンジ(QUOINEX)とキャッシュ(QASH)の魅力

Pocket

キャッシュ(QASH)が2018年1月に入り、堅実に高値を更新しています。国内コミュニティも2,000名を突破!と、一気に人数が増えて盛り上がりを見せつつあります。そんなキャッシュ(QASH)の魅力を、キャッシュ(QASH)を発行する仮想通貨取引所のコインエクスチェンジ(QUOINEX)の魅力と共に、ご紹介します。

スポンサーリンク

ユウ
キャッシュ(QASH)は発行元であるコインエクスチェンジ(QUOINEX)が発行するトークンなんだ。だから、QASHの魅力を理解するためには、コインエクスチェンジ(QUOINEX)のことも理解しておいた方がいいね。
ネル
「QUOINEX」ってコインエクスチェンジって読むんだね。いつも読み方わからなかったからスッキリ♪
ユウ
確かに読み難いね。だからか、近々名前を変えるみたい。
ネル
そうなんだぁ。なんて名前になるのか楽しみだね。
ユウ
うん、そうだね。じゃあ、まずはコインエクスチェンジ(QUOINEX)の魅力を理解していこう。

 

1. コインエクスチェンジ(QUOINEX)の魅力

コインエクスチェンジ(QUOINEX)の魅力を以下の通りに解説していきます。

  1. コインエクスチェンジ(QUOINEX)の概要
  2. コインエクスチェンジ(QUOINEX)のビジョン
  3. コインエクスチェンジ(QUOINEX)CEO栢森氏の人物像

 

1-1. コインエクスチェンジ(QUOINEX)概要

コインエクスチェンジ(QUOINEX)は、2014年にシンガポールで設立された「Quoine」という会社によって運営されています。

元々は日本国内の仮想通貨取引所ではありませんでしたが、2017年に日本に本社を移転し、日本人CEO(栢森氏)の元で運営されています。

資本金は20億円で、運営拠点は本社のある日本、そしてシンガポールとベトナムと3箇所にあり、アジア最大級の仮想通貨取引所になります。

そして、金融庁登録第一号の仮想通貨交換事業者でもあります。

 

取り扱っている仮想通貨は、2018年1月15日現在では以下の4種類。

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • キャッシュ(QASH)トークン

 

他の国内取引所と比べても少ないですが、2018年1月13日(つい先日)にCEOである栢森氏より、3種類の仮想通貨を追加することが発表されました。

 

ユウ
新しく追加される銘柄で具体的に名前が挙げられた仮想通貨は、リップル(XRP)・ライトコイン(LTC)・ネム(XEM)の3種類だったね。
ネル
日本で取り扱いがない銘柄も取り扱う予定という発表もあったし、楽しみ♪

 

1-2. コインエクスチェンジ(QUOINEX)のビジョン

コインエクスチェンジ(QUOINEX)のビジョンを、CEOである栢森氏はこう伝えています。

 

仮想通貨市場において大きな流動性を提供する

 

仮想通貨の登場、そして仮想通貨がもたらす改革の大きな1つが「金融改革」です。

送金スピードも早く、手数料も安く、世界中どの国や地域とも簡単に不安なくお金のやり取りができる。

そんな「金融改革」において大きな流動性に貢献しよう、ということがコインエクスチェンジ(QUOINEX)のビジョンになります。

 

ユウ
仮想通貨で金融改革が実現すれば、今よりも手軽に誰でもクロスボーダーでやり取りできるようになる。それは凄いことだよね。
ネル
じゃあ例えばだけど、それって私でもフランスにある欲しいものやインドにある欲しいものがあったら、個人同士でも簡単に安く取引ができるようにるってことだよね・・・。
ユウ
そうだね。しかも、今よりも安い手数料で送金スピードも早く、取引記録も改ざんできないから安心できる。
ネル
うん、それって凄い♪
ユウ
だからコインエクスチェンジ(QUOINEX)はそれを多くの人に提供できるよう、仮想通貨で大きな流動性の実現をビジョンに掲げているんだ。
ネル
早くそんな世の中にならないかなっ♪あっ、そういえば栢森社長さん、前に「とある政府自治体から依頼が・・・・」って言ってたよね。
ユウ
うん。まさにそれが大きな流動性の実現の第一歩なんだけれど、欧州にあるジブラルタル証券取引所(GSX)と提携することを発表したね。イギリス政府のお墨付きでもあるからすごく期待できるよ。

 

1-3. コインエクスチェンジ(QUOINEX)CEO栢森氏の人物像

コインエクスチェンジ(QUOINEX)の公式コミュニティはテレグラムで用意されていますが、現在国内の公式コミュニティは2,000名を超え、海外の公式コミュニティも合わせると約10,000名ほどが参加していることになり、かなりの盛り上がりを見せています。

テレグラム公式ページ

You-Channelからの補足
テレグラムとは、ユーザー数1億人を超える世界的に人気急上昇中のSNSです。

 

そんな公式コミュニティや動画で、コインエクスチェンジ(QUOINEX)CEOである栢森氏は事業の進捗を報告してくれたり、ユーザーの質問に答えてくれたりなど、かなりコミュニケーションに力を注いでくれています。

こういったことから「誠実的な人物像」であることが伺えます。

 

また、栢森氏の経歴は、

  • ハーバード大学経営大学院
  • 1996年4月 三菱商事株式会社入社
  • 2003年6月 Globespan Capital Partners シニアディレクター
  • 2012年8月 Singtel Softbank Innoventures COO
  • 2013年1月 Bharti Softbank ボード・ディレクター
  • 2014年11月 株式会社QUOINE Japan 代表取締役に就任

と、素晴らしい経歴の持ち主でもあるようです。

 

動画を拝見しても、仮想通貨における金融改革に対してかなりの情熱を注いでいることが感じ取れますので、コインエクスチェンジ(QUOINEX)CEOである栢森氏の人物像は、

  • 誠実であり、
  • 情熱家であり、
  • キャリアも問題ない

人物であると考えます。

それがコインエクスチェンジ(QUOINEX)の魅力の1つでもあるとも推測できます。

 

ユウ
投資するなら運営の誠実さはとても大切。特に仮想通貨は新しい分野で何が起こるかわからないし、まだまだこれからの市場。誠実な経営姿勢をもつCEOならそれだけでプラス要素。
ネル
ユーザーの質問に直接答えてくれたり、動画で報告してくれたり、身近に感じるのもいいなぁ
ユウ
ここまででコインエクスチェンジ(QUOINEX)の魅力はだいたい理解してもらえたかな??
ネル
うん、すごく魅力を感じたよ♪
ユウ
ならよかった。じゃあ次は、そんなコインエクスチェンジ(QUOINEX)が発行するキャッシュ(QASH)の魅力を理解していこう。

スポンサーリンク

 

2. キャッシュ(QASH)の魅力

キャッシュ(QASH)の魅力を以下の通りに解説していきます。

  • キャッシュ(QASH)の概要
  • キャッシュ(QASH)の特徴
  • キャッシュ(QASH)の価値

 

2-1. キャッシュ(QASH)の概要

キャッシュ(QASH)は、コインエクスチェンジ(QUOINEX)が発行するトークンです。

You-Channelからの補足
トークンとは、証拠、記念品、代用貨幣、引換券、商品券などの意味を持ちます。代替通貨のようなものと理解すれば問題ないでしょう。

トークンの発行総数は10億QASH

ロードマップは以下の通りです。

引用:https://liquid.plus/ja/

 

すでにトークンセールは終わっており、2017年1月15日時点でのキャッシュ(QASH)の価格は、1枚あたり約270円/QASHとなっています。

現在、キャッシュ(QASH)が購入できる国内の取引所はコインエクスチェンジ(QUOINEX)のみ、となっています。

 

2-2. キャッシュ(QASH)の特徴

キャッシュ(QASH)の特徴は、コインエクスチェンジ(QUOINEX)の果たす「大きな流動性の実現」と密接な関係になります。

コインエクスチェンジ(QUOINEX)は大きな流動性を果たす具体的な手段として、プラットフォームテクノロジーである「LIQUIDプラットフォーム」を用意しています。

引用:https://liquid.plus/ja/

「LIQUIDプラットフォーム」は、

  • 仮想通貨の取引を取引所間の垣根を超えて、世界中の取引注文を確認できる
  • 世界中の全ての注文は自国の通貨単位で確認することができる
  • 世界中の全ての注文に対し、自国の通貨で取引できる

を可能にするプラットフォームで、キャッシュ(QASH)は、この「LIQUIDプラットフォーム」で使用できる「唯一のトークン(代替通貨)」となります。

 

2-3. キャッシュ(QASH)の価値

キャッシュ(QASH)の価値は、仮想通貨市場が拡大していき、流動性が大きくなればなるほどに価値が高まると言えます。

仮想通貨の銘柄には多くの銘柄がありますが、特定の市場だけでの流通を意図していないキャッシュ(QASH)は、非常に価値が高まる魅力を秘めています。

多くの仮想通貨や法定通貨が「LIQUIDプラットフォーム」上でキャッシュ(QASH)を通して取引されれば、それだけキャッシュ(QASH)自体の価値も高まっていきますので、キャッシュ(QASH)がどこまで価値が高まるのかは現時点では想像すらできないことが正直なところです。

それだけ大きな可能性を持っている仮想通貨がキャッシュ(QASH)トークンです。

 

ユウ
ジブラルタル証券(GSX)での決済手段としてキャッシュ(QASH)が採用されたし、海外大手取引所(Bainancebitfinexなど)との提携も発表されていることから、それだけで大きく流動性が高まることはわかるし、かなり夢があるね。
ネル
キャッシュ(QASH)すごいね♪なら、今ってまだお買い得なのかなぁ・・・。
ユウ
そうだね。時価総額で見ても今はまだ46位だし、トークンセールの時の値段よりもまだ約2.5倍程度だから、まだまだ「安い」と考えることもできそうだね。
ネル
そうだよね。まだまだ安いのかも・・・。買うの考えてみようかなっ♪
ユウ
確かに価格も重要だけど、仮想通貨を買う時にとても大切なのは「自分がその銘柄に魅力を感じて、応援したいと思えるか」だと思うよ。
ネル
うん、わかった。ありがとう!

 

3. まとめ

コインエクスチェンジ(QUOINEX)とキャッシュ(QASH)の魅力を解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

これまで解説してきたコインエクスチェンジ(QUOINEX)とキャッシュ(QASH)の魅力をまとめると、

  1. 仮想通貨市場における大きな流動性の実現「LIQUIDプラットフォーム」
  2. 流動性を円滑にする決済通貨「キャッシュQASH」
  3. 経営の誠実さ・金融改革への情熱の高さ

以上になります。

キャッシュ(QASH)の購入を検討している方の参考になればと思いますし、もしまだ登録されていない方はこの機械にコインエクスチェンジ(QUOINEX)に口座登録をしておきましょう。

 

また、仮想通貨取引をする場合、複数の取引所に登録することをおすすめしています。

複数の取引所に登録されていない方は、こちらの記事も合わせて読んでみてください。

仮想通貨たられば|ストレスを減らせ!仮想通貨取引所は複数の取引所に登録すべし!

 

この情報が少しでもお役に立てたなら嬉しい限りです。
 
See you next time! By You-Channel.
 
 
 
スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYou-Channelをフォローしよう!

Pocket