初心者でもわかる仮想通貨の特徴や仕組み|スマートコントラクト

Pocket

仮想通貨の特徴や仕組みは仮想通貨の種類によって様々ありますが、仮想通貨自体が新しい概念・技術であるため、聞き覚えのない言葉が多くて理解が難しいと思う方も多いと思います。今回は仮想通貨アルトコインのイーサリアム(ETH)の特徴として知られているスマートコントラクト(smart contract)を掘り下げてみます。

スポンサーリンク

1. スマートコントラクトとは?

スマートコントラクト(smart contract)とは、コントラクト(契約)をスマートに行うためのプロトコル(※1)です。

契約の条件確認や履行までを自動的に実行させることができる、いわゆる「契約の自動化」です。

人が介在することなく契約を自動で実行できるプロトコルとして、多くのシーンでの活用を見込まれています。

スマートコントラクト(smart contract)の大まかな流れは、

  1. 契約の事前定義
  2. イベントの発生
  3. 契約の執行
  4. 決済

となっており、管理者が上記1の契約の事前定義を入力すればあとはプログラムにより契約が自動で実行されます。

(※1)プロトコル:コンピュータ同士が通信をする際の手順や約束事。通信における送受信の手順を定めた規格。

 

2. スマートコントラクトを適用した仮想通貨の特徴

仮想通貨の多くはブロックチェーン技術を採用していますが、ブロックチェーン上でスマートコントラクト(smart contract)を利用すると、契約が自動で実行される上に契約が改ざんされないことが保証されます。

また利便性としても、決済時間の短縮や上記の不正の防止、管理者や仲介者を必要としないことによるコスト削減などが期待されています。

そのため、ユーザ同士が直接取引を行うことが可能な非中央集権型のサービス(※2)が実現可能になるため、金融業界を含めて社会に大きな影響を与えるのではないかと注目を浴びています。

例えば、デバリティブの契約や不動産登記、各種シェアリングサービスや自動車リースなど、契約を伴う取引活動全般の取引プロセスが自動化されて利便性が向上すれば、我々の生活はより他のことに時間を有効活用できるでしょう。

(※2)非中央集権型:中央の管理者や仲介者が存在せず、取引者間で成立するP2P型のサービス。

 

3. スマートコントラクトを適用した主な仮想通貨一覧

日本で取引可能の、スマートコントラクト(smart contract)を特徴としている仮想通貨です。

  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LISK)
  • オーガー(REP)

スマートコントラクト(smart contract)以外も含めた、各種仮想通貨の特徴やこれまでの価格推移などについては下記をご覧ください。

初心者でもわかる|仮想通貨13種類を比較!種類別特徴・価格推移最新版まとめ

 

4. スマートコントラクトを活用した実例や活動事例

経済産業省も注目しているスマートコントラクト(smart contract)の実例や活動事例を一部ご紹介していきます。

 

●VISAとDocusignの実例

VISAとDocusignは、カーリースのような従量課金サービスをブロックチェーン技術を用いて管理し、スマートコントラクト(smart contract)により契約の自動化を図る、新サービスのプロトタイプアプリを発表しています。

車内のダッシュボートにあるパネルから、時間・距離などの料金プランを選び、タッチパネルのようなもので署名を行うだけで車のレンタルができるそう。

また、ホテルの予約や不動産の賃貸、保険の加入や支払いなどの他のサービスにも応用可能で、様々なタイプの契約が含まれていても、ブロックチェーン上で契約から支払いまで一貫して、記録・管理されるようです。

これにより、債権回収の心配もいらなくなります。

レンタカーを借りて車に乗り、ガソリンやドライブスルー、聴きたい音楽のダウンロードなど、色々な決済が車一つでできるようなイメージ。

言葉通り、すごくスマートですね。

 

●活動事例「イーサリアム企業連合」

ーサリアム(ETH)とは仮想通貨アルトコインの一種で、ブロックチェーン技術にスマートコントラクト(smart contract)を初めて適用した仮想通貨です。

現在、仮想通貨の時価総額ランキング第2位です。

仮想通貨の時価総額ランキングが気になる方は下記をご覧ください。

仮想通貨【2017年9月_最新TOP10】時価総額ランキング/円

 

厳密に言えば、イーサリアムはプラットフォーム名であり、そのプラットフォーム上で使用できる通貨がETHですが、イーサリアム(ETH)で問題ありません。

そんなイーサリアムを企業レベルでの活用に共同で取り組む組織。

それがイーサリアム企業連合(EEA)。

EEAの正式名称は、「Enterprise Ethereum Alliance」です。

マイクロソフトやJPモルガン、インテルなどを中心とした世界の大企業から、トヨタ自動車や三菱UFJフィナンシャルグループなどの日本の大企業まで、世界中の名だたる企業が参加しています。

 

5. まとめ

仮想通貨の特徴や仕組みの一つであるスマートコントラクト(smart contract)についてご説明しましたがいかがでしたでしょうか。

スマートコントラクト(smart contract)がもたらす世界は言葉通り、非常にスマートな世界のイメージを感じます。

仮想通貨に興味を持つきっかけの多くはまだまだ「投資」「お金が儲かる」などからでしょう。

しかし、なぜ投資対象として注目されて高値を更新しているのか、その背景となる仮想通貨を支える特徴や仕組み(技術)を知ることで、より理解が深まると思います。

仮想通貨のより良い未来は我々の生活のより良い未来でもあることを期待し、仮想通貨をもっと身近に感じていただければと思います。

そして、ご自身が信じられる仮想通貨に投資するなり、従来の投資スタイルによるテクニカルを活用した資金運用をするなりし、資産を増やすことにトライしていただいても良いと思います。

仮想通貨取引所については、下記をご覧ください。

初心者でもわかる|国内の仮想通貨取引所10社+αの特徴と選び方2017年最新版まとめ

 

この情報が少しでもお役に立てたなら嬉しい限りです。
 
See you next time! By You-Channel.

 

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYou-Channelをフォローしよう!

Pocket