仮想通貨たられば|エルフ(ELF)トークンの概要や特徴

Pocket

2017年はブロックチェーン技術における価値の保存・管理、いわゆるスマートプロパティに注目が集まりました。2018年は価値の保存・管理のみならず、価値への処理/実行プロトコルであるスマートコントラクトを活用したモデルが注目されていきそうです。エルフ(ELF)は、スマートコントラクトとサイドチェーンによる「次世代インターネットインフラ」であるaelf(エルフ)で使えるトークンです。

スポンサーリンク

1. エルフ(ELF)の概要

aelf(エルフ)のトークンであるエルフ(ELF)の発行数は公式ツイッターアカウントで確認できましたが、2億5,000万のようです。

aelf(エルフ)は中国系企業のようで、ブロックチェーンサイドチェーン、そしてスマートコントラクトにより、分散型クラウドコンピューティングによる「次世代インターネットインフラの構築」を目指しているそう。

その次世代インターネットインフラで使えるトークンがエルフ(ELF)になります。

 

ICOで資金調達をしたのかと思いましたが、プライベートセールで資金調達をしたみたいですね。

公式ホームページより、投資会社/機関やホワイトペーパーが確認できますので、詳しく知りたい方は下記URLよりお願いします。

 

 

2. aelf(エルフ)が目指す次世代インターネットインフラとは?

翻訳により解釈が間違っている場合はご指摘等いただければと思いますが、ホワイトペーパーに目を通してみた限りの解釈で説明させていただきます。

aelf(エルフ)はクラウド上にインフラを整備するようで、特徴としては「分散型」とし、相互運用性機能なる機能により複数の通貨や複数のプロジェクトを、並列的に管理・運用し、統合できる模様です。

例えば、aelf(エルフ)のインフラ上であれば、BTCとETHの異なる通貨での取引でも、エルフ(ELF)を通して可能になる、というイメージでしょうか。

また、複数のdAppを統合し、複数の処理を行えるプラットフォーム、ということかと思います。

 

引用:aels(アリス)ホワイトペーパーPDF

 

「One Chain One Contract」という言葉で記述されていましたが、メインチェーンに複数のサイドチェーンを繋げられ、サイドチェーン1本につき1つのコントラクトの実行を行い、それをメインチェーンで統合し、処理していくイメージが上図かと。

合意プロトコルはメインチェーンで行われるという記述もありました。

 

合意形成(承認)はPoWとPoSで行い、「サイドチェーンはPoW」「メインチェーンはPoS」とのこと。

あくまで推測ですが、プラットフォームとして複数の通貨やプロジェクトの運用を合意形成する上で、各サイドチェーンでの合意形成(承認)は通貨が異なることも想定し、手数料の高いPoWで対応、それらを統合するメインチェーンでの合意形成(承認)はエルフ(ELF)のためPoSで対応ということかと。

ホワイトペーパーを確認した限りでは、合意形成(承認)に関する具体的な事例の記述がなく&まだまだ勉強不足ということもあり、正直「・・・」という感じのため、より明確にわかり次第、この辺はお伝えできればと思います。

 

ここまでをまとめると、aelf(エルフ)の技術的な特徴・強みは、サイドチェーンを活用したマルチチェーンによるアーキテクチャである、ということ。

そして、dApp時代を見据えた「次世代型プラットフォーム」を実現するということです。

 

 

3. 具体的にはどんなプロジェクトの活用をaelf(エルフ)はイメージしているのか?

ホワイトペーパーにいくつかの記述がありましたので、一部をご紹介します。

引用:aels(アリス)ホワイトペーパーPDF

 

3-1. 金融サービス

金融サービスにおいては、仲介者を大幅に削減し、安全な取引を保証できるサービスなどを想定している。 エルフ(aelf)上の複数のチェーンがクロスボーダーでの「支払い・貿易金融・サプライチェーンなどの金融サービス・ファイナンシング」を実現。 並列処理機能は、国際規模での取引とチェーン間通信機能・資産登録・口座管理・リアルタイムからのスムーズな連携を可能にする。

金融の流動性の向上、そして契約や実行をクロスボーダーで可能になることは、まさに仮想通貨だからこそ実現可能なことだと思いますので、良い活用方法ではないかと思います。

 

3-2. 保険サービス

保険サービスは、身分証明・保険契約の実行・請求の処理や、保険サービスの様々なdAppを統合し、保険業界全体のバリューチェーンに貢献する。

実現すれば、保険の内容の充実に加え、保険料も安くなりそうですね。

 

3-3. スマートシティ

スマートシティ政府は、aelf(エルフ)に​​安全に関わることができるように、また、特定の管理タスクを実行する。政府または組織は、国家安全保障に合致するようコンセンサス・プロトコルをカスタマイズすることができる。ユーティリティー録音、市民アイデンティティ、政府の活動情報の開示とポーリングは実現できます。透明性と効率性です。いくつかの国がこの分野で実験を行っています。 エストニア、シンガポール、中国など。

うーん、、、。

難しいため(というより、かなりの管理社会になるイメージが嫌なので)、説明は控えます 笑

 

3-4. IoT

aelf(エルフ)は軽いノードとクラウドサービスをサポートしているため、 高性能を維持しながら、デバイスに接続することができます。 これは、数十億のデバイスを管理し、小額な決済を可能にするためには不可欠です。

IoT時代を見据えたプラットフォームでもあるようですね。

 

4. ロードマップについて

上記がaelf(エルフ)のロードマップです。

ご覧の通り、2019年1月に正式リリースのようで、1年先ということになります。

 

5. まとめ

エルフ(ELF)トークンについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

個人的に仮想通貨の大きな流れは冒頭でも記載しましたように、2017年まではスマートプロパティとして価値の保存・管理(ブロックチェーンの開発)、そして2018年は価値の処理/実行(dAppの開発)、その後に汎用性インフラ(次世代プラットフォームの登場)という流れと考えています。

エルフ(ELF)は今のところプロダクトがなく、正式リリースは2019年1月のため、「今現在プロダクトがなくてもプラットフォーム開発だから仕方ない」と言える側面はあるかもしれません。

とはいえ、投資をする上ではホワイトペーパーだけを鵜呑みにすることはリスクが大き過ぎます。

 

個人的には値動きや取引量に着目し、まずは投機スタンスで臨む銘柄かな、と思います。

また、公式サイトやSNSなどを通じて頻繁な情報提供や進捗に関して、運営の誠実さを感じることができるならば、長期投資としては「あり」かもしれません。

 

エルフ(ELF)トークンはBinance(バイナンス)という海外の大手取引所から購入することが可能です。

2017年1月11日現在のエルフ(ELF)トークンは取引量も増えてきているため、チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 

この情報が少しでもお役に立てたなら嬉しい限りです。
 
See you next time! By You-Channel.
 
 
 
スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYou-Channelをフォローしよう!

Pocket