仮想通貨たられば|エルフ(ELF)のAirDropへの参加方法と手順を解説

Pocket

次世代プラットフォーム「aelf」がAirDropプログラムとして「Candy Program」を実施しています。AirDropに参加して、無料でエルフ(ELF)トークンを貰いましょう。秘密キーの入力はありませんので、興味がある方はこの機会にぜひ参加されてはいかがでしょうか。※受け取りには「MyEtherWallet」が必要です。

スポンサーリンク

1. 次世代プラットフォーム「aelf」とは?

aelfは次世代型プラットフォームで、そのプラットフォームで使用できるトークンがエルフ(ELF)です。

直近、エルフ(ELF)は1枚あたり200円前後となっています。

日本ではエルフ(ELF)があまり話題にならないため、知らない方も多いかと思われますが、ネオ(NEO)などと同じく、中国系企業のプラットフォーム銘柄

ただ、開発の進捗情報が少なく、中国規制の問題もあり、実績やオープン性でネオ(NEO)のように注目されてはいませんが、今後情報がよりオープンにされていくとともに、中国規制の緩和等も進めば、エルフ(ELF)も注目を浴びていく可能性はありそうです。

 

エルフ(ELF)の概要や特徴はこちらの記事にまとめてあります。

仮想通貨たられば|エルフ(ELF)トークンの概要や特徴

 

2. AirDropプログラム「Candy Program」の概要

AirDropプログラム「Candy Program」に参加し、貢献活動をすることでエルフ(ELF)が無料でもらえます。

具体的な貢献活動は以下になります。

  1. ご自身のGitHubアカウントとaelfをリンクさせる
  2. ご自身のTwitterアカウントとaelfをリンクさせる
  3. ご自身のテレグラムアカウントでaelf公式テレグラムに参加する
  4. aelf公式テレグラムでご自身をメンバーに追加する
  5. aelfの公式Twitterアカウントの指示に従う
  6. ご自身のツイートに@aelfblockchainを含めてツイートする
  7. aelf公式ツイートをリツートする
  8. aelf公式ツイートに返信する
  9. aelf公式ツイートに「いいね」する

以上です。

 

上記①から③及び⑤の4つに関しては1度だけポイントがもらえます。

その他は毎日ポイントがもらえます。

そして、この貢献活動で貯めたポイントが多ければ多いほど、エルフ(ELF)トークンが多くもらえるといった仕組みです。

また、aelf公式テレグラムには日本版も用意されています。

 

このAirDropプログラム「Candy Program」へは以下より参加が可能です。

aelf「Candy Program」公式ランチャー

 

3. AirDropプログラム「Candy Program」の参加手順

AirDropプログラム「Candy Program」のaelf「Candy Program」公式ランチャーに、まずはアクセスします。

アクセス時はアカウントを作成する必要がありますので、任意のメールアドレスとパスワードを入力しましょう。

 

ログイン後、右上にご自身のメールアドレスが表示されていますのでそちらをクリックし、「Wallet address」を選択。

MyEtherWalletのご自身のアドレスを入力しましょう。

You-Channelからの補足
秘密キーは要求されませんので安心しましょう。逆に秘密キーを要求されるような場合は絶対に要求に答えてはなりませんし、そのようなAirDropには参加しないほうが良いでしょう。

 

あとはAirDropプログラム「Candy Program」の貢献活動に参加する流れになります。

ログイン画面の下部に「ASSIGNMENT DETAIL」として貢献活動内容の進捗と方法、そして丁寧にショートカット方法(貢献活動が速やかに行えるためのリンク)が記載されていますので、それらに従えば問題なくできるかと思います。

 

4. まとめ

aelfのAirDropプログラム「Candy Program」の概要と参加手順を解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

日本での話題が少ないエルフ(ELF)ですが、中国企業による次世代型プラットフォーム銘柄ですし、この機会に「Candy Program」に参加して無料でエルフ(ELF)の保有者になっておくのも面白いかもしれません。

 

仮に暴落しても損しませんからね 笑

 

興味がある方はaelfのAirDropプログラム「Candy Program」に参加してみてください。

 

この情報が少しでもお役に立てたなら嬉しい限りです。
 
See you next time! By You-Channel.

 

 

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYou-Channelをフォローしよう!

Pocket