Word Press固定ページ|検索上位サイトが最低限している5つの設定_最新版@2017

Pocket

固定ページもブログを運営するためには大事なページ。運営者情報や記事一覧、サイトマップなどを用意することでサイトの信頼性を高めることができます。そこで検索上位サイトが最低限している固定ページのWord Press設定を最新版@2017としてご説明させていただきます。

スポンサーリンク

まず、なぜわざわざ最新版@2017としているのか。

Word Pressのブログを作成・運営するために、具体的な設定方法や正しい知識を得ようと色々なサイトを参考してみたけれど「情報が古くてわかりにくい」と感じたことのある方はそれなりにいらっしゃると思います。

自分も、設定の方法の解説や説明などのブログはすごく助かるなと思う反面、1年前や数年前などの場合はせっかく設定画面などを画像として用意していただいていても昔の設定画面だったりして参考にならない場合があります。

そのため2017年最新版として、今回は固定ページの5つの設定方法をご説明していきたいと思います。

 

1. 固定ページの役割

固定ページは投稿ページのようにユーザーに「価値となる情報」を与えるわけではありませんが、ブログ運営者がブログ運営をするための機能をもたせたり、ユーザーに最低限の信頼をしてもらうための情報を発信したりする役割を持つ、とても大事なページです。

固定ページは、

「SEOに関係ありません。大事なことは良質なコンテンツです。」

と説明されていることがよくありますが、そのまま「理解」しては危険です。

 

SEO効果に固定ページは関係ないかもしれないけれど、集客には関係があります

誰でも自分の作成したブログやサイトなどのコンテンツをたくさんの方々に見てもらいのは当然ですよね。

そのためSEO効果を高める方法に意識が向いてしまいがちですが、SEO効果を高めて検索上位を狙うのは多くの方々に見てもらうための「集客」のためです。

ブログ運営に必要な機能やサイトの信頼性は集客に間違いなく関係しますので、まずは固定ページの役割をしっかりと理解していただければと思います。

 

2. Word Pressで固定ページを新規作成/編集する方法

Word Pressでは選んだテーマに関係なく、画面左側にメニューが表示されます。

の画面のように「固定ページ」を選ぶと、「固定ページ一覧」「新規追加」が選択できるようになります。

 

  • 固定ページの編集を行う場合   → 「固定ページ一覧」を選択
  • 固定ページを新規に作成する場合 → 「新規追加」を選択

と理解いただければ問題ありません。

 

3. 固定ページで最低限設定すべき5つの設定

固定ページで最低限設定すべきことは、以下の5つの設定です。

  1. ブログやサイトの概要説明ページ
  2. 最新記事一覧ページ
  3. 問い合わせフォーム
  4. サイトマップ
  5. プライバシーポリシー

それぞれを詳しく説明していきます。

 

●設定その1:ブログやサイトの概要説明ページ

サイト概要は、新規で訪問してくれたユーザーに対し、このブログが「どんなブログか?」を知っていただくためのページです。

閲覧者には主に、

  1. コンテンツを読むために訪問してくれたユーザー
  2. アフィリエイトなど、ブログ運営に関係してくる方々

の2種類が存在することを理解した上で、どちらも意識して信頼性が高まる内容にしていきましょう。

概要説明ページのタイトルは当サイトのように「ABOUT」とつけたり、「当ブログ(サイト)について」や「管理者情報」というタイトルにしてみるなど、概要説明ページということがわかるタイトルであれば問題ありません。

また記載する内容は、みなさまの個性や目的により異なりますので適切な内容を記載していただければと思いますが、もし記載する内容に悩んでしまった場合には、

  • どんなブログやサイトなのかがわかるシンプルな説明
  • 運営管理者についての説明
  • 運営でこだわっているところ

を記載しておけば問題ないでしょう。

「訪問いただきありがとうございます」などの感謝を示す文言を入れておくなどの心証をよくすることも心がければ、より信頼性が高まると思います。

You-Channelからの補足
概要ページは「ウィジェット」のサイドバーとフッターにも用意し、固定ページの概要ページとリンクしておきましょう。

 

●設定その2:最新記事一覧ページ

最新記事一覧ページはユーザーの使い勝手に貢献してユーザーの回遊率を高めると共に、信頼性を高めることにも繋がります。

固定ページで最新記事の一覧ページを作成するには、Word Pressプラグインである「Shortcodes Ultimate」をインストールすれば簡単に作成できます。

You-Channelからの補足
「Shortcodes Ultimate」のインストールの方法は「Shortcodes Ultimate」の主な機能の使い方を参考にしてください。

 

「Shortcodes Ultimate」のインストールと設定が完了したら、最新記事一覧の固定ページを新規で作成していきます。

タイトル名は一覧を表示させたいカテゴリー名や特にカテゴリーが無い場合には「最新記事一覧」などのタイトル名で問題ないでしょう。

You-Channelからの補足
SEO効果やGoogleの検索クローラーにも影響を与えますので、カテゴリー分けはしっかりとされることをおすすめします。

 

「固定ページ」から「新規追加」を選択すると↓のように「ショートコードの挿入」が選択できるようになりますので選択してください。

すると↓の画面が出てきますので、一番左の行の列の下から2つ目にある「投稿」を選びましょう。

設定画面が表示されますので、以下を設定してください。

  • ページあたりの投稿数 → 「表示させたい」ページ数を入力
  • 投稿タイプ      → 「投稿」を選択
  • タクソノミー     → 「カテゴリー」を選択
  • 条件         → 「カテゴリー名」を選択

上記以外の設定項目はデフォルトで問題ありませんので、上記を設定したら「ショートコードの挿入」を押してください。

↓の画面のように固定ページの新規追加画面にショートコードが挿入されるため、必要であれば適当な説明文(仮想通貨チャンネルのブログ記事一覧です、など。)を加えて、公開(or下書き保存)をしましょう。

 

これにて最新記事一覧ページの設定は完了です。

記事を更新する度に自動で「最新記事一覧」も更新されます。

You-Channelからの補足
記事一覧に「コメント数」がデフォルトで表示されます。不要な方は、下記のコードをプラグイン「Shortcodes Ultimate」の編集からプラグインファイル「shortcodes-ultimate/templates/default-loop.php」を選択し、<a href=”<?php comments_link(); ?>” class=”su-post-comments-link”><?php comments_number( __( ‘0 comments’, ‘shortcodes-ultimate’ ), __( ‘1 comment’, ‘shortcodes-ultimate’ ), ‘% comments’ ); ?></a>をそっくりそのまま削除すれば「コメント数」は表示されなくなります。

スポンサーリンク

●設定その3:問い合わせフォーム

問い合わせフォームは、コメント欄に加えてユーザーとの交流の窓口となるもの。

また、アフィリエイト登録などで人気のあるGoogleアドセンスやamazonアソシエイツなどに申請する際に、問い合わせフォームがなくサイト管理者との連絡方法が他にもないという場合には、申請が許可されない理由の1つになるケースがありますので必ず設置しましょう。

固定ページに問い合わせフォームを設置するには、Word Pressプラグインの「Contact Form7」をインストールすれば簡単に設置可能です。

You-Channelからの補足
「Contact Form7」のインストールの仕方は「Contact Form7」の設定方法(基本編)を参考にしてください。

 

「Contact Form7」のインストールと設定が完了したら、「固定ページ」から「新規追加」を選択し、作成した問い合わせフォームのショートコードを入力し、公開(or下書きとして保存)すれば完了です。

フォームを入力いただく案内文や入力の際の留意点などを記載しておくと、信頼性がより高まると思いますので↑の画面を参考に入力しておきましょう。

また、コメントは欲しくないという理由ではないけれどコメント欄を非表示にしている方は、問い合わせフォームとコメント欄を兼用しても良いと思いますので、その際は固定ページタイトルを「コメント/問い合わせ」などにしておきましょう。

 

●設定その4:サイトマップ

サイトマップは、訪れたユーザーがサイト全体を把握しやすくするためのものです。

また、運営者自身もサイトマップにより「自身のサイト全体を俯瞰して整理すべき点」「足りないコンテンツに気付いたりする」ことに活用できます。

固定ページでサイトマップを作成するためには、Word Pressプラグインの「PS Auto Sitemap」をインストールすれば簡単に作成できます。

You-Channelからの補足
「PS Auto Sitemap」のインストール方法や詳しい設定方法については「PS Auto Sitemap」の設定方法を参考にしてください

「PS Auto Sitemap」のインストールと設定が完了したら、「固定ページ」から「新規追加」を選択し、テキストモードでHTMLコードを入力し、下書きを保存してください。

次に、記事IDを確認し「サイトマップを表示する記事」欄に指定します。

記事IDは「固定ページ」から「固定ページ一覧」を選択し、その中からサイトマップのために作成した固定ページにカーソルを合わせると、↓の画面のように左下に横長で小さい文字列が並んでいる「アドレスバー」が表示されますので、その記述の中の「数字」が記事IDとなります。

↑の画面左下のアドレスバーの場合だと「74」ですね。

この数字を「設定」から「PS Auto Sitemap」を選び、設定画面の中の「サイトマップを表示する記事」に入力すれば完了です。

 

●設定その5:プライバシーポリシー

プライバシーポリシーは、主にGoogleアドセンスに登録するには必須の設定なのですが、訪問されたユーザーにもサイトのプライバシーポリシーが定められていることで「しっかりとサイトを運営している」イメージを与えることにも繋がりますのでしっかりと設定していきましょう。

プライバシーポリシーは、「固定ページ」から「新規追加」でプライバシーポリシー用ページを作成してください。

タイトル名は「プライバシーポリシー」や「個人情報の取り扱いについて」などの名称であれば問題ありません。

記述する内容で留意したい点としてはGoogleアドセンスに問題なく申請の許可が通る内容であることを念頭にすることが大事ですので、以下3点は必ず記載するようにしましょう。

  • 広告の配信について
  • アクセス解析について
  • Googleポリシーと規約

上記に加え、自身のサイトの記事の転載の禁止や引用方法などの「著作権」に関しても追記しておくと便利です。

You-Channelからの補足
プライバシーポリシーページは「ウィジェット」でも用意し、固定ページのプライバシーポリシーページとリンクしておきましょう。

また、「プライバシーポリシーの内容はあくまで定型文的なものだし、あまりそういうことに時間を割きたいくない・・・」という方もいらっしゃると思います。

そこで、ISCLEというサイト(執筆者:竹中文人さん)がプライバシーポリシーの雛形をシェアしてくださっているので、そちらを参考にしてみてください。

You-Channelからの補足

 

4. まとめ

検索上位サイトが最低限している5つの設定を最新版@2017としてご説明しましたがいかがでしたでしょうか。

Word Pressでブログサイトを作成している方は、それなりに真剣にブログ運営をされていこうと考えている方が多いかと思います。

「楽をしよう」という意味ではありませんが、ブログ運営で大事なことは「良質のコンテンツを提供すること」ですので、できる限り良質なコンテンツ作りに注力していただくためにも固定ページの設定やWord Pressの設定などについては当サイトをブックマークするなりし、いつでも参考にしていただければと思います。

 

この情報が少しでもお役に立てたなら嬉しい限りです。 
 
See you next time! By You-Channel.
 
 

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYou-Channelをフォローしよう!

Pocket