あなたのブログは大丈夫?無料のwebサイト評価・分析ツールならnibblerがおすすめ!

Pocket

自分で作成したブログサイトやwebサイトの評価は気になるところ。特に作成したばかりの時は評価に一喜一憂するだけでなく、評価を高めるための分析も大切です。nibblerは無料ツールとは思えないほど、細かくwebサイトをテストしてくれ、シンプルでわかりやすいレポートで評価や分析結果を表示してくれます。

スポンサーリンク

1. nibblerの使い方

まずは「nibbler」へ下記リンクよりアクセスしてください。

Nibbler公式ページ

 

アクセスすると下記ページが表示されると思いますので、画面中心にある入力ウィンドウにテストを行いたいサイトURLを入力しましょう。

 

入力を終えたらTESTボタンをクリック。

1〜2分程度ですぐに結果としてのレポートが表示されると思いますので、どのような評価・分析がされたのか、しっかりと確認してみてください。

 

2. 評価・分析の結果レポートの見方

評価・分析結果のレポートは、下の画像のような画面が表示されます。

英語のため、一つ一つ見方を説明していきます。

 

まずサマリー(要約)が表示されていると思います。

サマリーは5項目をスコアでわかりやすく表示してくれ、各項目10点満点での評価となっており、点数が低ければ赤色、普及点は緑色、点数が高ければ青色で表示されます。

サマリー(要約)の項目は上から順に、

  • Overall    全体のスコア
  • Accessibility    サイトの便利さ、使いやすさ
  • Experience      ユーザーの満足度
  • Marketing       認知や人気度
  • Technology  WEBサイトの設計

となっています。

サマリー項目一つ一つを説明していきます。

 

●Overall(全体のスコア)について

Overallは全ての項目のトータルスコアが表示されます。

あくまで全体スコアのため、ブログサイトやwebサイトの改善を図る場合には、Overall以外の項目を細かく見ていきましょう。

一つ一つの項目の改善を図ることでOverallのスコアも上げることが可能になります。

 

●Accessibility (サイトの便利さ、使いやすさ)について

Accessibilityについては、ブログサイトやwebサイトの便利さや使いやすさに関するスコアを表示してくれます。

詳細は青文字の「Hide Contributing tests」をクリックすると表示され、どんな詳細項目から評価されているのかわかります。

上から順に、コードのクオリティ、内部リンク、URLフォーマット、見出し、ページタイトル、そしてモバイルへの対応に関してスコアリングされ、6つの項目からブログサイトやwebサイトの便利さや使いやすさを評価され、そのトータルスコアとしてAccessibilityスコアが表示されます。

 

●Experience(ユーザーの満足度)について

Experienceについては、ブログサイトやwebサイトの通してのユーザーの満足度に関するスコアを表示してくれます。

詳細は同様に、青文字の「Hide Contributing tests」をクリックすると表示され、どんな詳細項目から評価されているのかわかります。

上から順に、フェイスブックページの状況、人気度、印刷用ページの最適化、ツイッターの状況、コンテンツの量、画像処理の適正、内部リンク、URLフォーマット、サーバー動作、モバイル対応、サイトの新鮮度(最終更新)に関してスコアリングされ、11の項目からブログサイトやwebサイトのに対するユーザーの満足度を評価され、そのトータルスコアとしてExperienceスコアが表示されます。

 

●Marketing(認知や人気度)について

Marketingについては、ブログサイトやwebサイトの認知や人気度に関するスコアを表示してくれます。

詳細は同じく、青文字の「Hide Contributing tests」をクリックすると表示され、どんな詳細項目から評価されているのかわかります。

上から順に、フェイスブックページの状況、人気度、外部リンク(被リンク)、フォロー数、ドメイン年数、ツイッターの状況、1ページあたりのコンテンツ量、メタタグ、内部リンク、見出し、ページタイトル、分析ソフトの設置、サイトの新鮮度(最終更新)に関してスコアリングされ、13の項目からブログサイトやwebサイトの認知や人気度を評価され、そのトータルスコアとしてMarketingスコアが表示されます。

 

●Technology(WEBサイトの設計)について

Technologyについては、ブログサイトやwebサイトの設計に関するスコアを表示してくれます。

詳細は今までと同じ、青文字の「Hide Contributing tests」をクリックすると表示され、どんな詳細項目から評価されているのかわかります。

上から順に、印刷用ページの最適化、ドメイン年数、コードのクオリティ、画像処理の適正、メタタグ、内部リンク、URLフォーマット、見出し、サーバー動作、モバイルへの対応に関してスコアリングされ、10の項目からブログサイトやwebサイトの設計を評価され、そのトータルスコアとしてTechnologyスコアが表示されます。

 

3. 詳細分析と改善レポートの見方

サマリーの項目や評価・分析結果のレポートの見方は上述の通りですが、ここからがブログサイトやwebサイトの評価・分析ツールの使い所です。

まず、調べたいサマリー項目の詳細項目を青文字の「Hide Contributing tests」をクリックして表示します。

次に詳細項目を選択します。

ここではサマリー項目Experienceの詳細項目Twitter(ツイッターの状況)を例として選択します。

画面が下部の方に勝手にスクロールされ、Twitter(ツイッターの状況)項目のレポートが表示されます。

緑色の枠は問題ない理由が書かれており、赤色の枠や黄色の枠、最下段の灰色のインフォメーションマークがある枠は改善した方が良いということを表していますので、 「Show recommendations」という青文字をクリックし、改善方法のレポートを開きます。

電球マークのところが改善方法が書かれているレポートの部分です。

上記の例の場合、「ツイッターのフォロワー数を増やしましょう」と書かれており、フォロワーの数を増やすことで、詳細項目Twitterのスコアが上がり、サマリー項目Experienceのスコアにも良い影響を与えることを示しています。

以上です。

 

その他の項目も同じ方法でチェックしてみましょう

おすすめのチェック方法は、まずサマリーでスコアが低いサマリー項目を選択し、詳細項目の中からスコアが低い赤色から順に見ていき、一つ一つの改善レポートを参考にしていく方法です。

 

4. まとめ

nibblerがブログサイトやwebサイトの評価・分析をかなり細かくしてくれることがおわかりいただけたと思います。

SEOやらマーケティングやら、サイトを改善したいけれど「何がどんなことに影響を与えるのか」すら始めたばかりの方にはわからないもの。

今回は無料で使えるブログサイトやwebサイトの評価・分析ツールとしてnibblerを取り上げましたが、nibblerに限らず、何を改善するとどんな効果に繋がるのか、ということを学ぶためにも、是非ブログサイトやwebサイトの診断(テスト)を行い、改善を図ってみてください。

WordPressで作成したYou-Channelも、スコアの低いところが目立ちます^^;ので、色々と改善を図っていこうと思います。

 

この情報が少しでもお役に立てたなら嬉しい限りです。
 
See you next time! By You-Channel.

 

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYou-Channelをフォローしよう!

Pocket