Word Pressプラグイン|「Shortcodes Ultimate」の主な機能の使い方

Pocket

固定ページで記事一覧を簡単に作成する方法としてご紹介しているWord Pressプラグイン「Shortcodes Ultimate」。実は記事一覧を簡単に作成できる以外にも、様々な機能が使えるとても便利なプラグイン。そんな「Shortcodes Ultimate」のインストール方法と主な機能の使い方をご紹介します。

スポンサーリンク

1. 「Shortcodes Ultimate」の概要

Word Pressプラグインの「Shortcodes Ultimate」は、2017年10月現在のWord Pressとの互換性が公式で認められているプラグイン。

「Shortcodes Ultimate」を有効済みにしている数は700,000件以上で、評価も星5評価で4.2以上と、たくさんあるWord Pressプラグインの中でも「安心でき、役に立つプラグイン」の1つです。

このプラグイン1つでたくさんの便利な機能が使えますので、インストールすることをおすすめします。

 

2. 「Shortcodes Ultimate」のインストール方法

まず初めに、Word Press画面左にあるメニューの一覧から「プラグイン」を選び、その中の「新規追加」を選択してください。

プラグインの追加画面右上にプラグインの検索ウィンドウがあるので、「Shortcodes Ultimate」と入力してください。

すると、検索結果に↓のように「Shortcodes Ultimate」が表示されますので、インストールボタン(画面では「有効」ボタンですがここにインストールボタンが出ます)を押します。

インストールが完了するとインストールボタンが「有効にする」ボタンに変わりますので、そのまま「有効にする」を押してください。

↑のように有効ボタンが灰色になったら「有効化された」ということですので、インストールはこれで完了です。

 

3. インストール後の設定場所

「Shortcodes Ultimate」のインストールが完了すると、↓の画面のように投稿/固定ページに限らず、Word Pressの投稿画面上部に「ショートコードを挿入」というボタンが表示されるようになりますので、こちらで「Shortcodes Ultimate」を設定できます。

「Shortcodes Ultimate」は、他のプラグインのようにWord Pressメニューの「設定」から設定を行うのではなく、たくさんある機能から使いたい機能をまずは選択し、機能毎に設定をしていくことになります。

 

4. 「Shortcodes Ultimate」主な機能の使い方

「Shortcodes Ultimate」の機能は55種類あり、とてもたくさんの機能が使えます。

「Shortcodes Ultimate」の使い勝手の良い機能として、

  • 投稿(最新記事一覧)
  • スケジューラ
  • ボックス
  • Google Map
  • カルーセル
  • マーカー
  • ボタン
  • アコーディオン
  • マルチカラム
  • QRコード

上記10点の使い方を説明していきます。

スポンサーリンク

 

●投稿(最新記事一覧)機能の使い方

投稿(最新記事一覧)は↓のアイコンで表示されている「投稿」を選択してください。

↓の画面のように、記事の一覧ページを作成する場合に簡単に作成できて便利です。

You-Channelからの補足
最新記事の一覧にしたい場合は「記事ID」を指定しないでください。また、カテゴリー毎の一覧にしたい場合には、任意のカテゴリーを選択しましょう。記事一覧の数は任意の数字を入力すればOKですが、「全ての記事」にしたい場合には「−1」と入力します。

 

●スケジューラ機能の使い方

スケジューラは時間帯や曜日など、「指定した日時もしくは期間のみコンテンツを表示させる」機能です。

例として、「暗号を見つけてプレゼントをGet!」のような企画をブログ上で行なったと仮定し、【暗号「You」】を毎日9時から18時だけ表示させるようにしてみました。

指定した時間外は「代替えテキスト」を表示させることが可能です。

現在は時間外のため、コンテンツは表示されません。毎日9時から18時にコンテンツは表示されます。

 

●ボックス機能の使い方

ブログの記事に強弱をつけ、見やすくしたり強調したりすることができる記事を装飾できる機能です。

テスト
テスト

ボックスの色や文字の色をカラーコードで変更でき、タイトルを自由につけることができます。

You-Channelからの補足
ノートという機能はボックスの「タイトルなし版」です。You-Channelでは、補足などを入れる場合にボックスを使い、他人の言葉や例えなどを表現する場合にノートを使っています。

↑がボックスで↓がノートです。

テスト

 

●Google Map機能の使い方

地図を用いたい時に簡単にGoogle Mapを表示させることができます。

表示させた場所(住所)はもちろん、表示させたいサイズなども任意で指定できます。

 

●カルーセル機能の使い方

見せたい画像が多いときなどに、スライドショーのように見せることができておしゃれです。

リンク設定や自動再生、一度に表示させたい画像数など任意で色々と設定できます。

 

●ハイライト機能の使い方

いわゆる「マーカー」のように、強調したい文字に背景色をつけて他の文字と差別化を図ることができます。

カラフルで賑やかなブログページにしたい場合などに使えます。

 テストテストテストテストテストテストテストテストテスト 

 

●ボタン機能の使い方

自作でボタンを作るのは手間がかかりますが、これなら簡単にオリジナルボタンを作れます。

大きさの違うボタンや、

Click me Click me Click me Click me

 

色の違うボタンなど、

Click me Click me Click me

 

用途に合わせて自分好みのボタンを作って見てください。

 

●アコーディオン機能の使い方

ツリー上に表示させ、任意の場所だけより細かな説明が現れるような、ブログ記事をシンプルに表示場合などに大活躍する機能です。

Spoiler title
Spoiler title
Spoiler title

他にもたくさんのデザインが用意されています。

 

●カラム機能の使い方

記事内でマルチカラムを自由に設定し、↓のように3カラム表示させたり、任意のカラムで表示させることができます。

 
 
 
You-Channelからの補足
「su_row」と「/su_row」の間に、「su_column size=”1/3″」と「/su_column」のコードをカラム数分(3カラムなら3つ)入れてください。画像は、「su_column size=”1/3″」と「/su_column」の間にメディア挿入すればOKです。3カラムの場合は”1/3″ですが、2カラムの場合は”1/2″と、数字を変えることで任意のカラム数を設定できます。【注意】コードを文字で表示させるためにあえて「」でコードを囲っていますが、コピペする場合には正確なコードとして[]で囲ってください。

 

●QRコード機能の使い方

画像やURLなどをQRコードで共有したい場合に使います。

今回はテストとして、↓のQRコードにYou-ChannelのトップページURLをリンクさせています。

You-Channelのトップページ

 

5. まとめ

「Shortcodes Ultimate」のインストール方法と主な機能の使い方をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介した機能はどれも使い勝手が良く、作成するブログの表現力を高めてくれます。

また「Shortcodes Ultimate」の良いところとして、ショートコードのためビジュアルモードのまま使えることと、設定画面で「使用例」が豊富に用意されているところです。

ここでは紹介しきれなかった機能もぜひ使ってみてください。

 

この情報が少しでもお役に立てたなら嬉しい限りです。 
 
See you next time! By You-Channel.
 
 
スポンサーリンク
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYou-Channelをフォローしよう!

Pocket