Word Press SNS連携|はてなブックマーク連携とアクセスアップに活用する方法

Pocket

Word Pressとはてなブックマークを連携し、アクセスアップのために活用する方法を解説していきます。SNSはブログを知っていただくためにはとても便利なツール。特にブログ運営初期は検索流入が見込めないため、SNSを活用して少しでも多くの方々に知っていただきましょう。

スポンサーリンク

 

最近、コンテンツ(記事)作成よりもテーマの変更についての勉強に時間を割き、Word Pressの奥深さを感じつつもその難しさに根を上げている管理人(T_T)です。

 

はてなブックマーク、通称「はてブ」。

はてなブックマークについては公式サイトで以下のように説明されています。

 

はてなブックマークは、オンラインにブックマークを保存・公開することで新しい体験ができる、ソーシャルブックマークです。はてなブックマークを利用すると、インターネットの情報をより深く理解でき、良質なページをより少ない時間で見つけられます。ブックマークすることで、知らないだれかと価値を共有するのは、すばらしいことです!はてな公式サイト

 

「はてなブックマーク」と「はてなブログ」はサービス内容が異なるため、Word Pressでブログ運営されている方でも「はてなブックマーク」はアカウント作成をして活用したいところ。

Word Pressとはてなブックマークを連携させ、アクセスアップのための活用方法を解説していきますので参考にしていただければ幸いです。

 

1. まずは「はてなブックマーク」に登録しよう

はてなブックマークに登録するために以下のリンクよりHatena公式サイトへ。

はてな公式サイト

はてなの公式サイトにアクセスしたら、右上にある「ユーザ登録」をクリック。

引用:はてな公式サイト

すると「はてなユーザー登録ページ」がでてきます。

引用:はてな_ユーザー登録ページ

任意のIDとパスワード、そして登録したいメールアドレスを入力しましょう。

「入力内容を確認」ボタンをクリックし、内容に問題なければ「登録」ボタンを押します。

これで「はてなブックマーク」への登録は完了です。

 

2. Word Pressとはてなブックマークを連携させよう

はてなブックマークへの登録が完了したら、Word Pressと連携させましょう。

まずはWord PressにSNS連携ボタンを表示させることができる「Wp Social Bookmarking Light」というプラグインをインストールします。

You-Channelからの補足
「Wp Social Bookmarking Light」のインストールと設定方法※準備中です

他にもSNS連携ボタンを表示させることができるプラグインはありますが、設定が簡単で多くのSNSの連携ボタンが任意で設置できる「Wp Social Bookmarking Light」をおすすめします。

他のプラグインをインストールされる場合には「はてなブックマーク」の連携ボタンが設置できるものをインストールしましょう。

 

「Wp Social Bookmarking Light」のインストールと設定が完了すると、以下のようなボタンがコンテンツ(記事)に表示されていると思います。

はてなブックマークとの連携ボタンはオレンジ色の枠で囲ったボタンです。

以上で、Word Pressと「はてなブックマーク」の連携は完了です。

スポンサーリンク

 

3. はてなブックマークを活用しよう

はてなブックマークを活用するための解説を、

  1. はてなブックマークはなぜ活用できるのか?
  2. はてなブックマークの活用効果は?
  3. はてなブックマークサイトに掲載されるには?
  4. はてなブックマークされやすいコンテンツ(記事)は?
  5. 作成したコンテンツ(記事)を自分で「はてブ」して良いか?
  6. はてなブックマークする方法

以上の6つの段落に分けて解説していきます。

 

3-1. はてなブックマークはなぜ活用できるのか?

はてなブックマークとは「オンライン上(いわゆるHatena「マイページ」)」にブックマークを保存し公開できるというサービスですが、最大の特徴は「ブックマークしたコンテンツ(記事)が、はてなブックマークサイトを通して共有される」ということです。

はてなブックマークのTOPページをご覧いただくとわかりやすいかと思いますが、

引用:はてなブックマーク公式ページ

これらは全て「誰かがブックマークしたもの」で、「594USERS」や「160USERS」と表示されているのは「そのコンテンツ(記事)にブックマークした人の数」となります。

すでに「ピン」ときた方もいらっしゃるかと思いますが、はてなブックマークの最大の特徴である「ブックマークしたコンテンツ(記事)が、はてなブックマークサイトを通して共有される」を活用することで「Word Pressで運営しているブログのアクセスアップに役立てることができる」のです。

 

3-2. はてなブックマークの活用効果は?

はてなブックマークは多くの方々がブックマークしたコンテンツ(記事)からある条件を満たしたブックマークページを「はてなブックマークサイト」に掲載させることで共有を図っています。

そして、はてなブックマークは「今どんな話題が旬なのか」「どんな記事を多くの人がブックマークしているのか」などを調べることにも活用されています。

そのため、この「はてなブックマークサイト」に掲載させることができたら、一気に多くの方々の目に触れる可能性が高まり、いわゆる「バズる」ことに繋がります。

また、「はてなでブックマークされると外部リンク扱い」となり、SEO効果も高まります。

Googleに評価されて検索ワードで上位を狙うには「自然な外部リンク(いわゆる被リンク)」も大切になってきますので、ぜひ活用したいところです。

はてなブックマークを活用して得られる効果を以下にまとめておきます。

  • 「はてブ」されると、バズる可能性が高くなる
  • 「はてブ」されると、SEO効果がある

 

3-3. はてなブックマークサイトに掲載されるには?

はてなブックマークサイトに掲載されるには、アルゴリズムが公開されていませんので確かなことはわかりませんが色々と調べたところ、「一定時間内でのブックマーク数」が関係しているようです。

はてなブックマークサイトは「カテゴリー新着」「カテゴリー内人気」「総合カテゴリー」の3つに分けられているのですが、アクセスアップの効果の高さは、

  • カテゴリー新着 「低」
  • カテゴリー人気 「中」
  • 総合カテゴリー 「高」

の順となっており、カテゴリー新着に掲載されるための「一定時間のブックマーク数」は定説で「3〜5はてブ」と言われています。

そして、より効果の高い「カテゴリー人気」に掲載されるためには「5〜15はてブ」、一番効果の高い総合カテゴリーには「下位の場合は30〜50、上位の場合は50〜100はてブ」と言われています。

まとめると、

  • カテゴリー新着 「低」 掲載目安「3〜5はてブ」
  • カテゴリー人気 「中」 掲載目安「5〜15はてブ」
  • 総合カテゴリー 「高」 掲載目安「30〜100はてブ」

以上になりますので、参考にしてみてください。

You-Channelからの補足
あくまで定説のため、上記「はてブ数」を一定時間で得たからといって必ず掲載されるわけではありませんのでご了承ください。

 

3-4. はてなブックマークされやすいコンテンツ(記事)は?

はてなブックマークされやすいコンテンツ(記事)は「再訪・再読したいコンテンツ(記事)かどうか」でしょう。

はてなブックマークに限らずに「ブックマーク」をする場合というのは、主に「もう一度サイトを訪れたい」「もう一度読み返したい」などの繰り返しの利用の際。

そのため、はてなブックマークされやすいコンテンツ(記事)は、

  • まとめ系コンテンツ(記事)、いわゆるキュレーションサイト
  • 最新情報や旬な情報を提供するコンテンツ(記事)
  • 実用的な情報を提供するコンテンツ(記事)
  • 話題性(炎上含む)のあるコンテンツ(記事)
  • 専門性の高い情報を提供するコンテンツ(記事)

などが挙げられます。

また、はてなブックマークに掲載されているコンテンツ(記事)を確認し、「少ないはてブ数で掲載されているコンテンツ(記事)があるカテゴリー」のコンテンツ(記事)を作成してみるのも、面白いかもしれません。

個人的な所見として「テクノロジー」や「エンタメ」は、はてブ数が多いコンテンツが掲載されている傾向な気がします。

 

3-5. 作成したコンテンツを自分で「はてブ」して良いのか?

作成したコンテンツを自分で「はてなブックマーク」しても良いのかについては、公式サイトで以下のように説明されています。

 

ご自身が運営するウェブサイトを自身のアカウントでブックマークする行為については、特に問題としておらず、表示制限措置や利用停止などの対象とはしておりません。ただし、ご自身が運営されているウェブサイトをブックマークする場合でも、運営ウェブサイトの内容や態様によりスパム目的であると判断できる場合や、機械的な高頻度のブックマークなど、通常の利用を逸脱していると判断できる場合には、表示制限措置や利用停止などの対象となる場合がございますので、ご注意ください。はてなブックマークヘルプページ

 

要約すると、「大丈夫」ということです。

ただし、引用でも明記されている通り、明らかにブックマークされる気がないような内容のコンテンツ(記事)だけをたくさん「はてブ」したり、機械的な高頻度の「はてブ」行為はペナルティを課せられる場合があるようですので気をつけましょう。

 

3-6. はてなブックマークする方法

他のコンテンツ(記事)や自分で作成したコンテンツ(記事)をはてなブックマークする方法は、「はてなブックマークボタン」をクリックするだけ。

クリックすると以下のようにコメントが入力できますので、自分で作成したコンテンツ(記事)の場合なら、何か一言添えて(○○○を更新しました、など)ブックマークすると良いでしょう。

入力し終えたらコメント入力欄の右下にある「追加」ボタンを押せば、はてなブックマークは完了です。

 

4. はてなブックマークをツイッターと連携させよう

はてなブックマークとツイッターを連携させておくことで、以下2点のメリットがあります。

  • 作成したコンテンツ(記事)を自分で「はてブ」するとツイッターにも自動で投稿される
  • 他の方のコンテンツ(記事)を「はてブ」すると自身のツイッターにも投稿されるため、より喜ばれる

ツイッターも「リツイート」という強力な拡散方法が用意されていますので、より「拡散力」を高めるためにもツイッターとの連携をおすすめします。

方法は簡単です。

「はてな」にログインし、「はてなブックマーク」のTOPページにアクセスします。

引用:はてなブックマーク公式ページ

ページの一番上にあるメニューより「設定」をクリックし、「外部サービス連携」を選択してください。

すると、外部サービス連携の設定画面になりますのでご自身の「ツイッターアカウント」を設定し、シェアする内容を任意で選択しましょう。

これで、はてなブックマークとツイッターの連携は完了です。

完了後にはてなブックマークをすると、以下のように「共有」のツイッターにチェックが入っていますので、はてなブックマークを追加すると入力したコメントも含めてツイッターにも反映されます。

ツイッターで確認してみると、以下のように反映されます。

以上です。

 

5. まとめ

Word Pressとはてなブックマークの連携とアクセスアップに活用する方法を解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

ブログ運営を始めたばかりの方などは特にアクセスが集め難いため、積極的にSNSを活用して拡散していきましょう。

良質なコンテンツ(記事)であることが必須ではありますが「はてなブックマーク」されると、

  • 「はてブ」されると、バズる可能性が高くなる
  • 「はてブ」されると、SEO効果がある

という2つの大きなメリットがありますので、ぜひ活用してみてください。

 

この情報が少しでもお役に立てたなら嬉しい限りです。
 
See you next time! By You-Channel.
 
 
 
スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYou-Channelをフォローしよう!

Pocket