Word Pressプラグイン|「Wp Social Bookmarking Light」の設定方法

Pocket

Word PressとSNSを連携させるためにおすすめするプラグインが「Wp Social Bookmarking Light」。設定が簡単で連携させておくべきSNSに幅広く対応している「Wp Social Bookmarking Light」のインストールと設定方法を解説していきます。

スポンサーリンク

 

ユウ
まずは「Wp Social Bookmarking Light」の概要とインストール方法から解説していくよ。
ネル
プラグインのインストールって楽しい気分になるよね♪

 

1. 「Wp Social Bookmarking Light」の概要

Word Pressプラグインの「Wp Social Bookmarking Light」は、2017年10月現在のWord Pressとの互換性が残念ながら公式でテストされていません。

しかし、「Wp Social Bookmarking Light」を有効済みにしているインストール数は10万件以上で、評価も星5評価で約4.5と、数多くあるWord Pressプラグインの中でも「人気のプラグイン」の1つです。

ユウ
まぁ、定番プラグインの1つだよね。

 

他にもWord PressとSNSを連携させることができるプラグインはありますが、簡単な設定でWord Press初心者でもすぐに設定して使用することができるため、「Wp Social Bookmarking Light」をインストールすることをおすすめします。

ネル
他のプラグインとの不具合も今のところないみたい。

1. 「Wp Social Bookmarking Light」のインストール方法

まず初めに、Word Press画面左にあるメニューの一覧から「プラグイン」を選び、その中の「新規追加」を選択してください。

プラグインの追加画面右上にプラグインの検索ウィンドウがあるので、「Wp Social Bookmarking Light」と入力しましょう。

すると、以下のように検索結果画面に「Wp Social Bookmarking Light」が表示されますので、インストールボタン(画面では「有効」ボタンですがここにインストールボタンが出ます)を押します。

インストールが完了するとインストールボタンが「有効にする」ボタンに変わりますので、有効化してください。

上記のように有効ボタンが灰色になったら「有効化された」ということですので、「Wp Social Bookmarking Light」のインストールはこれで完了です。

ネル
インストール楽しかったー♪次は設定しなきゃね。
ユウ
簡単だからすぐに終わるよ。

 

2. インストール後の設定場所

「Wp Social Bookmarking Light」のインストールが完了した後は、以下の画面のようにWord Pressメニューの「設定」を選ぶと、その一覧に「Wp Social Bookmarking Light」が表示されるようになりますので、そこから「Wp Social Bookmarking Light」の設定をすることが可能となることを覚えておきましょう。

 

3. 「Wp Social Bookmarking Light」の設定方法

Word Pressメニューから「設定」を選び、「Wp Social Bookmarking Light」を選択してください。

設定画面の上部にあるタブのうち、「一般設定」から設定を行なっていきましょう。

設定項目は以下の4つ。

  • Position:SNS連携ボタンをどこに配置するかを設定します。おすすめはコンテンツ(記事)のタイトル下とコンテンツ(記事)下に表示される「Both」です。
  • Singular:トップページやカテゴリーページでもSNS連携ボタンを表示させるかを設定します。「No」にすると個別コンテンツ(記事)だけでなく、トップページやカテゴリーページでもSNS連携ボタンが表示されます。
  • Page  :固定ページでもSNS連携ボタンを表示させるかを設定します。「No」にすると個別コンテンツ(記事)だけでなく、固定ページでもSNS連携ボタンが表示されます。
  • Service :表示させたいSNSサービスを設定します。詳細は後述します。

ユウ
基本的には上の通りに設定すればOK!
ネル
せっかくコンテンツ(記事)を気に入ってくれても、ボタンが近くになければ押すの忘れちゃうかもしれないしね。

 

「Service」の設定は、以下の画面のように「右側に並んでいるSNSサービス」から「連携させたいSNSサービス」をドラッグ&ドロップしましょう。

連携させておくべきSNSとして、「フェイスブック」「ツイッター」「Google+」「はてなブックマーク」「Pocket」の5つをおすすめします。

ネル
「変更を保存」ボタンを忘れずに押して、、、っと。これで設定は終わり?
ユウ
基本設定が終わったら、次は「Service」で設定した各種SNSの個別設定をすれば終わりだからもうちょっと頑張って!
ネル
うん、頑張るねっ!

スポンサーリンク

 

3-1. フェイスブック

フェイスブックとの連携ボタンの個別設定です。

設定画面の上部にあるタブのうち「FB」を選択してください。

「Locale」は「ja_JP」を選択し、後はデフォルトのままで構いません。

「ja_JP」を選択することにより、ボタンの表示が「Like」から「いいね」に変更されます。

 

続いて、設定画面の上部にあるタブのうち「FB Like」を選択してください。

  • Layout:ボタンのレイアウトを設定します。
  • Action :「Likeボタン」「Recommendボタン」のどちらにするか設定します。
  • Share  :「シェアボタン」も設置するか設定します。
  • Width  :ボタンの横幅を設定します。

ユウ
これでカウント式の「いいねボタン」と「シェアボタン」が表示されるようになったな!

 

3-2. ツイッター

ツイッターとの連携ボタンの個別設定です。

設定画面の上部にあるタブのうち「Twitter」を選択してください。

設定するのは以下の3点です。

  • Via    :ツイッターのアカウントを入力します。
  • Related :同じく、ツイッターのアカウントを入力します。
  • Language:ボタンの表記言語を設定します。「Japanese – 日本語」を選択すれば日本語で表記されます。
ユウ
ツイッターのアカウントを入力することで、ツイートされた時に自動で自分のアカウント名もツイート文に含まれるから、拡散力がUPするんだ。

 

3-3. Google+

Google+との連携ボタンの個別設定です。

設定画面の上部にあるタブのうち「Google Plus One」を選択してください。

「Annotation」の設定は「bubble」を選択することでカウント式のボタンになります。

 

3-4. はてなブックマーク

はてなブックマークとの連携ボタンの個別設定です。

設定画面の上部にあるタブのうち「Hatena」を選択してください。

「Layout」の設定が「standard」になっていれば問題ありません。

 

3-5. 「Pocket」

Pocketとの連携ボタンの個別設定です。

設定画面の上部にあるタブのうち「Pocket」を選択してください。

「Button type」の設定が「horizontal」になっていれば問題ありません。

 

ユウ
これで「Wp Social Bookmarking Light」の設定は全て完了!
ネル
やったー♪じゃあ、早速ボタンが表示されているか確認してみるね。
ユウ
そうだね。5つのボタン全てが上下に2箇所、ちゃんと表示されているかを確認してみて。

ネル
うん、ちゃんと表示されてたよ♪
ユウ
よし、これで終わり!お疲れ様でした。

 

4. まとめ

Word Pressプラグインの「Wp Social Bookmarking Light」の設定方法を解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

「Wp Social Bookmarking Light」を使わなくても、SNSの連携ボタンを好きなところに設置したり、ボタンを自由にカスタマイズしてデザイン性を高めることも可能ですが、CSSの知識が必要なため特に初心者の方は「Wp Social Bookmarking Light」にお世話になることになると思います。

もしWord Pressに慣れてきたら、ぜひCSSの勉強もしていただき、オリジナルのSNSボタン作成や設置にチャレンジして見てください。

 

この情報が少しでもお役に立てたなら嬉しい限りです。 
 
See you next time! By You-Channel.

 

ユウ
もしこの記事を気に入ってくれたなら、”いいね”してくれよな!
ネル
ツイッターフォローもよろしくお願いします。

 

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYou-Channelをフォローしよう!

Pocket