Word Pressプラグイン|「PS Auto Sitemap」の設定方法

Pocket

Word Pressプラグイン「PS Auto Sitemap」は、サイトマップを自動で生成してくれる便利なプラグインです。「PS Auto Sitemap」の概要やインストール方法、設定方法をわかりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

1. 「PS Auto Sitemap」の概要

Word Pressプラグインの「PS Auto Sitemap」は、2017年10月現在で有効済みインストールにされている数は200,000件以上で、評価も星5評価でほぼ満点と、たくさんあるWord Pressプラグインの中でも「人気のあるプラグイン」の1つです。

サイトマップを用意することでユーザビリティの向上に役立ちますが毎回手動で設定していくのはかなり手間がかかります。

Word Pressプラグイン「PS Auto Sitemap」をインストールすることで、手間がかからず自動でサイトマップが更新されるようになりますので、ぜひインストールしてみてください。

 

2. 「PS Auto Sitemap」のインストール方法

まず初めに、Word Press画面左にあるメニューの一覧から「プラグイン」を選び、その中の「新規追加」を選択してください。

プラグインの追加画面右上にプラグインの検索ウィンドウがあるので、「PS Auto Sitemap」と入力してください。

すると、検索結果に↓のように「PS Auto Sitemap」が表示されますので、インストールボタン(画面では「有効」ボタンですがここにインストールボタンが出ます)を押します。

インストールが完了するとインストールボタンが「有効にする」ボタンに変わりますので、そのまま「有効にする」を押してください。

↑のように有効ボタンが灰色になったら「有効化された」ということですので、インストールはこれで完了です。

 

3. インストール後の設定場所

「PS Auto Sitemap」のインストールが完了した後は、↓の画面のようにWord Pressメニューの「設定」を選ぶと、その一覧に「PS Auto Sitemap」が表示されるようになりますので、そこから「PS Auto Sitemap」の設定をすることが可能となることを覚えておきましょう。

 

4. 「PS Auto Sitemap」のおすすめ設定手順

「PS Auto Sitemap」を設定し、サイトマップを自動生成するためには投稿ページの「記事ID」が必要にあるため、下記手順で設定することをおすすめします。

  1. サイトマップを表示させる投稿ページの作成
  2. 記事IDの確認
  3. PS Auto Sitemapの設定

次の段落より、上記手順の順番で「PS Auto Sitemap」の設定方法を説明していきます。

スポンサーリンク

 

5. 「PS Auto Sitemap」の設定方法

サイトマップを表示させる投稿ページの作成→記事IDの確認→「PS Auto Sitemap」の設定の順番で説明をしていきます。

●手順1:サイトマップを表示させる投稿ページの作成

固定ページで、サイトマップを表示させる投稿ページを新規に作成します。

Word Pressメニュー欄より「固定ページ」を選び、「新規追加」を選択します。

タイトル欄には任意でタイトルをつければOKですが、「サイトマップ」で良いと思います。

編集内容入力欄には↓のように、コードを貼り付けてください。

You-Channelからの補足
コードは「PS Auto Sitemap」の設定画面に用意されていますが、次のテキストを利用いただいてもOKです。  「!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –」  【注意】コードを文字で表示させるために「」でコードを囲っていますが、コピペする場合には正確なコードとして<>で囲ってください。

コードを貼り付けたら、「下書きとして保存」ボタンを押して保存してください。

 

●手順2:記事IDの確認

記事IDの確認方法を説明します。

まず、Word Pressメニュー一覧から「固定ページ」を選び、「固定ページ一覧」から先ほど作成したサイトマップページにカーソルを合わせると、↓の画面のように左下に横長の細い文字列ウィンドウが出てきます。

その文字列に記載されている「数字」が記事DIです。

拡大して見てみます。

↑の場合、「74」が記事IDになります。

「PS Auto Sitemap」の設定で使いますので、記事IDをメモしたりするなどして覚えておきましょう。

 

●手順3:「PS Auto Sitemap」の設定

「インストール後の設定場所」でも説明していますが、Word Pressメニュー一覧の「設定」からPS Auto Sitemap」を選択してください。

設定画面の上から順に説明していきます。

 

サイトマップに表示させる内容をチェックしましょう

「ホームページの出力」はご自身のトップページを表示させるかどうか、「投稿リストの出力」はコンテンツ(ブログ記事)を表示させるかどうか、「固定ページリストの出力」は固定ページを表示させるかどうか、です。

おすすめのチェック項目は↓です。

 

次に、サイトマップを表示する投稿ページの「記事ID」を指定したり、表示させる順番などを決めていきましょう。

「サイトマップを表示する記事」には先ほど確認いただいた記事IDを入力することサイトマップを表示させる投稿ページを指定でき、「出力階層制限」は子ページや子カテゴリーなどの深いページを表示させないようにするかどうかを決めることができます。

「先に出力するリスト」は、コンテンツ(ブログ記事)と固定ページのどちらを優先して表示させるかを決めることができ、「カテゴリーと投稿の表示」は同じ画面に表示するかしないかを選択できます。

ブログを始めたばかりの方は↓を参考にしていただいて問題ないと思います。

 

「除外カテゴリー」や「除外記事」は、表示させたくないカテゴリーや記事を指定できます。

「スタイルの変更」は、14種類用意されていますので、好きなスタイル(デザイン)を任意で決めましょう。

「キャッシュの使用」は、キャッシュ系プラグインと競合してしまうためチェックを外しておくことをおすすめします。

以上で「PS Auto Sitemap」の設定は全て完了です。

 

6. まとめ

「PS Auto Sitemap」のインストール方法と設定方法をご説明しましたが、いかがでしたでしょうか。

 

サイトマップはユーザビリティを向上させるために用意すべきなのはもちろんですが、ご自身のサイトを俯瞰して確認したりする場合にも便利です。

一度設定してしまえば、カテゴリーを追加したり新しい記事を投稿しても自動で更新されますので、ぜひ活用してみてください。

 

この情報が少しでもお役に立てたなら嬉しい限りです。 
 
See you next time! By You-Channel.
 
 
スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYou-Channelをフォローしよう!

Pocket